京都市小売商総連合会は 市内における小売商,小売業の連絡強調,支援を行い,健全な発展を目指します。

京都市小売商総連合会

事業案内
トップページ > 事業案内
小売商業界厳しい状況に活路を見出すべく、小売商総連合会の設立目的である「市内における小売商の連絡協調を図るとともに、
その組織を充実して強力な支援体制を確立し、小売業者の健全な発展と経済的地位の向上を図る。」を事業の基本とし、次の事業を行います。


   1 商業活性化事業
   2 小売業支援事業
   3 後継者育成事業
   4 小売商業実情調査事業
   5 各種委員会、協議会への参画

商業活性化事業

「商業活性化検討委員会」の提案に基づき、組合、個店別にそれぞれの実情に応じた実効性のある実施可能な対策を提示し、現時点における組合の事業や個店の販路拡大及び顧客の増加などのための方策を提案します。また、消費者が抱く中小小売業者に対する意識等について効率的な調査を行い、中小小売業経営者との意識の違い等を探り、今後の経営に関する課題を浮き彫りにし、経営方法改善のための緒を見つけます。

(1)実情に即した中小小売業活性化対策

今後の商業活性化のための方向性などを見出すために外部専門機関へ委託し、実現可能な商業活性化プランを提案します。

    ①対象組合及び傘下組合員への実態調査  ②活性化方策の検討

(2)中小企業等チャレンジ支援事業の実施支援

京都市が行う事業で、専門家の助言を得て、自らの強み・弱みを分析し、課題解決やイノベーション創出など、業界全体の活性化を図るもので、当事業に応募された組合に対しては、問題解決のためのビジネスモデル事業実施に関する事務等も含め、関連機関と連携しながら支援します。

(3)消費者意識調査

地域や業種などを絞り込んだ上で、一般消費者の中小小売業者に対する意識調査を行い、消費者が中小小売業者に求めているものを把握します。 

小売商業者支援事業

(1)各種助成事業に対する支援

市内中小小売業者に対する諸団体からの助成制度に対して、中小小売業者が気軽に当制度を利用でき、かつ、助成対象事業がスムーズに執行できるよう小売商総連合会が情報の収集・伝達、申請のための助言などの支援を行います。

(2)経営及び事業相談対応・支援

各組合や小売商業者が抱えている経営上あるいは事業に関する様々な問題などに対し、関係機関屋や専門家の支援も受けながら、小売商総連合会が一緒になってその解決策を探ります。また新規事業や組合運営の改善に関する行政、関連機関からの情報提供なども逐次伝達します。また、後継者難に悩む個店に対しては、京都府事業引き継ぎ支援センターと連携しながら問題可決のための橋渡しを行います。

(3)KICS事業への参画

合同会社KICSが行うクレジットカード一括処理事業,インターネット販売事業等に小売商総連合会が参画し、KICS加盟店の業務の効率化を図るため,KICSと連携し,加盟店の処理端末等一括管理業務及び情報伝達等の業務を行う。

後継者育成事業

研修会・セミナーの開催

小売商業者の日常業務の効率化と高度化を図るため、また、ネット、SNSなどを活用した新しい経営方法を学ぶためのパソコン教室に参加し、しれぞれのスキルアップを図ります。また、商業環境や経済動向などに関するタイムリーな内容の講習会や小売商業の活性化をテーマにしたセミナーなどを実施します。さらに組合などに関連諸機関が主催する研修会などへの参加を呼びかけます。

小売商業実情調査事業

加盟組合等実情調査

小売商業界における様々な情勢の変化に対する課題など、テーマを明確にし、加盟組合などの実情を調査し、課題を明確にし、対応策検討の資料にするとともに、対応可能なものについては迅速に対応します。

各種委員会、協議会等への参画

主として行政が主催する商業に関する各種委員会及び協議会に参画し、情報の収集、意見の発表を行い、加盟組合等へのフィードバックを行います。

↑